NEWS お知らせ

2014/12/10

ヤングマガジン海賊版 「10週連続新規更新プロジェクト」

毎週金曜日更新WEBコミックレーベル『ヤングマガジン海賊版』
「10週連続新規更新プロジェクト」12月5日よりスタート!

-累計3300万部突破の「3×3 EYES」が描きおろしで“独占配信”
-平愛梨さん主演作「摂氏100℃の微熱」など注目作品が続々公開


スマホ小説投稿サイト「E★エブリスタ」(http://estar.jp)を運営する株式会社エブリスタ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:池上 真之、以下エブリスタ)は、WEBコミックレーベル『ヤングマガジン海賊版』にて10週連続で、新規更新を行うビックプロジェクトを開始いたします。

main

コミック雑誌『ヤングマガジン海賊版』とは、1986年から1995年まで刊行されたヤングマガジンの増刊号で、今年4月28日より、エブリスタと講談社ヤングマガジン編集部が協業し、WEBコミックレーベルとして創刊をしております。
この度は、累計3,300万部突破した「3×3EYES」の完全描き下ろし新作、2015年1月に映画の全国公開の「摂氏100℃の微熱」、スマホ小説大賞2014受賞作「メンヘラ刑事」などの人気作を、10週連続で新規配信開始が決定いたしました。

また『ヤングマガジン海賊版』にて独占配信となる「新・3×3EYES」は、ヤングマガジン(講談社)で1987年から15間年続いた長期連載漫画で、 1993年講談社漫画賞受賞した、累計3,300万部突破の人気作品「3×3EYES」の完全描き下ろし続編です。

<10週連続新規配信作品タイトルラインナップ>
sub1 [新・3×3EYES](しんサザンアイズ)
高校生の八雲と妖怪少女パイが「人化の法」を求めて 世界を旅する、冒険伝奇ファンタジーの金字塔『3×3EYES』。
その後日談を作者・高田裕三自らが「ヤングマガジン海賊版」に連載中。 おなじみのキャラが続々登場する、ゆるふわで笑えるショートを展開している。
そして、2014年12月より満を待して、描き下ろしの長編後日談がスタート!!

sub2 sub3 sub4 sub5
「インフィニティデイズ」 「摂氏100℃の微熱」 「メンヘラ刑事」 「煉獄ゲーム」

ヤングマガジン海賊版とは
「世界にあふれる海賊版の面白さだけマネしたい!」、「とびきり面白い作品ばかり集めたい、安定無風のマンガ界に 不敵な波風を立てたい」 をコンセプトに1986年から1995年まで刊行されたヤングマガジンの増刊号。
記念すべき第1号の表紙は大友克洋氏が手掛け、数多くの傑作を生み出した伝説の雑誌として知られている。 WEBコミックレーベル『ヤングマガジン海賊版』は、webサイト(http://estar.jp/ym_pirates)上でお楽しみいただけます。本誌はすべての作品から毎日1話無料で読め、エブリスタ図書券で購入いただくことも可能です。
また、NTTドコモ月額メニュー「ヤングマガジン海賊版(税抜き200円)」、「E★エブリスタW(税抜き300円)」では、ヤングマガジン海賊版の すべての作品を読み放題でお楽しみいただけます。
※「E★エブリスタW」ではヤングマガジン海賊版作品に加えて、E★エブリスタの有料作品も読み放題となります。
sub6


---------------------------------
E★エブリスタとは
---------------------------------
「E★エブリスタ」は、「みんな(everyone)がスターになれる場所」をテーマに、200万点以上の作品を配信するスマホ小説サイトです。 毎日1万人以上の次世代スマホ作家が集い創作活動を行い投稿・配信をしています。また、月間100万円以上を売上げる主婦のスマホ作家も登場するなど、販売プラットフォームの役割も果たしています。
投稿作品は、Mobage及びドコモdマーケットへも配信され、毎日100万人の読者に読まれており、作家と読者の交流により、書き手も予想していないストーリーが創造されます。「王様ゲーム」「奴隷区」「通学シリーズ」等、書籍化・映画化される作品も次々と生み出されています。

---------------------------------
株式会社エブリスタとは
---------------------------------
株式会社エブリスタは、次世代のスマホ小説をプロデュースするスマホ出版社です。株式会社ディー・エヌ・エーと株式会社NTTドコモの合弁会社として2010年に設立されました。毎日100万人が訪問するスマホ小説サイト「E★エブリスタ」を通じて200万点以上の作品を配信しています。また、年間100冊以上のスマホ作品の書籍化プロデュースや、スマホ小説だけで生活ができる作家を育成する「スマホ作家特区」等、スマホ小説文化の発展に積極的に取り組んでいます。(https://everystar.jp/

ツイート
いいね!

エブリスタ サービスサイトへ

スマホ作家の夢を応援してくれる方へ 出版化・取材に関するお問い合わせはこちら