NEWS お知らせ

2018/03/05

エブリスタが、物書きのためのオウンドメディア 「monokaki」を創刊

株式会社エブリスタ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:芹川 太郎、以下エブリスタ)は本日、物書きのためのWebメディア「monokaki」(https://monokaki.everystar.jp/)を創刊しました。

エブリスタは「だれの中にも眠っている、『想像・思い』はかけがえのないものである」という理念のもと、小説投稿サイト「エブリスタ」の運営を通じて多くの新人作家を発掘しています。また、書籍化のみならず、映像化なども含め幅広いジャンルの作品をプロデュースしています。

「monokaki」は、「書きたい気持ちに火がつく」をテーマにした、物書きのためのメディアです。創作に行き詰ったとき、頭の中でくしゃくしゃになった原稿用紙をふたたび開き、物語の「つづき」に取り組みたくなるような記事を提供していきます。サイトのメインロゴには、失敗した原稿をくしゃくしゃに丸めた「紙のつぶて」をモチーフとして採用しており、完成にまでいたらなかったアイディアの一つ一つこそが、次に生まれる物語へとつながる価値を秘めていることを象徴的に表現しています。

創刊最初の特集として、「オール讀物」編集長である大沼貴之氏へのロングインタビューを行ったほか、文筆家の海猫沢めろん氏によるWeb小説レビュー、作家で本屋B&Bスタッフの木村綾子氏によるデビュー作に絞った書評などの連載記事を掲載しています。毎週火曜日・木曜日の週2回ペースで記事を配信していく予定です。

エブリスタは「monokaki」を通じ、広義の「物書き」に向けて創作上の悩みを解決するノウハウや執筆のモチベーションを上げる情報を提供し、新しい「物語」が生まれる過程を支援していきます。

■「monokaki」コンセプト

「monokaki」は、エブリスタが運営する「物書きのためのメディア」です。
プロもアマチュアも問わず、物を書くことは、時にとても孤独な作業です。
長い時間と労力の果てには、書ききった人にだけ見える風景があるはず。だから

ストーリーを作る技法が学べる。
創作上の悩みが解消される。
書きたい気持ちに火がつく。

monokakiは、頭の中でくしゃくしゃになった原稿用紙をふたたび開き、
物語の「つづき」に取り組みたくなるような記事を提供していきます。

■「monokaki」連載ラインナップト

・特集:新人賞の懐(monokaki編集部)
公募新人賞を主催する小説編集部に、作家志望者からの「よくある疑問」を直接尋ね、選考側の真意を聞いていきます。
初回はオール讀物編集部(文藝春秋)を訪ねました。

・創作ハウツー:おもしろいって何ですか?(編集ミヤケル)
各回、「キャラが立つって何ですか?」「リアリティって何ですか?」などのテーマを定め、実際にヒットしている作品を参考にしながら、「おもしろい」作品を書く方法を実践的に紹介します。

・コラム:Web小説の森(編集マツダ)
異世界転生、10代向け恋愛、ドラマティックなエッセイ――だけじゃない! 一口に「Web小説」と言えどその生態は様々。深~い森の奥の方をご案内します。初回は「Web発の短編小説」について。

・小説レビュー:Web小説定点観測(海猫沢めろん)
 「面白いものを読みたいけど何を読んだらいいのかわからない」読者に向け、「書籍化されてない」「とにかく気になる」「これは来そう」「絶対来ないけどヤバい」Web小説を毎月ご紹介します。

・小説レビュー:WebBL定点観測(ハマモ)
エブリスタのBL担当編集者・ハマモが、独断と偏見でWebBLをセレクト。
一気読み必至の伝説的作品から、粗削りだが作者の性癖が全面に出すぎてキラリと光るものまで、幅広く取り上げます。

・小説レビュー:デビュー作を読む(木村綾子)
「デビュー作には作家のすべてが詰まっている」と言われます。作家で、本屋B&Bのスタッフでもある木村綾子が、作家の最初の呼吸を丹念に読み解く書評連載です。

ツイート
いいね!

エブリスタ サービスサイトへ

スマホ作家の夢を応援してくれる方へ 出版化・取材に関するお問い合わせはこちら