NEWS お知らせ

2016/01/19

E★発の人気小説・コミック「映画 ドクムシ」予告動画公開!

E★エブリスタ発の人気小説・コミックを原作にした
「映画 ドクムシ」(主演:村井良大、武田梨奈)
予告編動画が公開



 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)の子会社である株式会社エブリスタ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:守安 功、以下エブリスタ)は、2016年4月9日(土)に公開される「映画 ドクムシ」の予告編動画を公開したことをお知らせします。予告編はYoutubeで視聴することができます。

dokumushi
「映画 ドクムシ」メインビジュアル


 「映画 ドクムシ」は、八頭 道尾による人気小説『コドク~蟲毒』(双葉社)を原作としたシチュエーションホラー映画です。密室に閉じ込められた男女7人が、極限状態で高まる不安と疑いに怯え、空腹とストレスに追い詰められていく過程が描かれます。監督は『怪談新耳袋 百物語』『クソすばらしいこの世界』などを手がけた朝倉 加葉子氏で、映画版のラストでは小説ともコミックとも異なる結末が用意されています。

 今回公開された予告編(https://www.youtube.com/watch?v=zkcCvVAAqmc)では、主題歌であるFaint⋆Star「ネヴァエバ」をバックに、ヒロイン・アカネ役の武田梨奈による激しいアクションシーンや、次第に追い詰められていく主人公・レイジ役の村井良大の熱演を垣間見ることができます。
本作は4月9日(土)より東京・新宿ピカデリーほか全国にて2週間限定上映されるほか、同日からニコニコ生放送のネットシネマでも公開されます。

 今回の予告編動画の公開を記念して、E★エブリスタユーザを招待しての特別試写会を開催します。詳細は、E★エブリスタ内の「映画 ドクムシ」特設サイト( http://estar.jp/.pc/lp/dokumushi-movie/)にて、近日発表予定です。



■『ドクムシ』あらすじ
大学生のレイジ(村井 良大)をはじめとする見ず知らずの7人の男女は、目覚めると学校らしき建物に閉じ込められていた。出口となりそうなところはすべてシャッターや鉄板で塞がれており、あらゆる場所に監視カメラが設置されている。トイレの水道から水は出るものの、食料になりそうなものは見当たらない。最後にたどり着いた部屋で7人が目にしたのは、大きな寸胴鍋と鎖につながれた肉切り包丁……。そして7日間の時間を示す電光掲示板が、静かにカウントダウンの時を刻んでいた。

■『映画 ドクムシ』とはhttp://dokumushi.jp
2016年4月9日(土)から4月22日(金)2週間限定特別&「ニコニコ」ネットシネマ公開
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016 ゆうばりチョイス部門出品作品
原作:合田蛍冬/八頭道尾 『ドクムシ』(双葉社刊・E★エブリスタ)
監督:朝倉 加葉子 脚本:黒木 久勝
主演:村井 良大、武田 梨奈、秋山 真太郎、水上 京香、宇治 清高、野口 真緒 / 駒木根 隆介
主題歌:Faint⋆Star「ネヴァエバ」(Faint Star Tokyo) 配給:松竹メディア事業部
制作プロダクション:ツインピークス/セディック ドゥ 製作:「ドクムシ」製作委員会

■原作小説『コドク~蟲毒』とはhttp://estar.jp/.pc/work/novel/22223437/
E★エブリスタ上に投稿されて人気を博し、2013年に双葉社から刊行された八頭 道尾による小説です。
続編の『廃墟ゲーム』も単行本化されているほか、合田 蛍冬の作画によりコミカライズされた『ドクムシ』(http://estar.jp/.pc/work/comic/22557372/)が現在、アクションコミックスで既刊4巻まで発売中。E★エブリスタにて72話まで連載中*です。 第1話から4話までは誰でも無料で読むことができます。
*話数は2016年1月19日時点でのものです。



■株式会社エブリスタとはhttp://everystar.jp/
 株式会社エブリスタは、 次世代のスマホ小説をプロデュースするスマホ総合出版社です。 株式会社ディー・エヌ・エーと株式会社NTTドコモの合弁会社として2010年に設立されました。 書くのが楽しくなる小説投稿コミュニティ「E★エブリスタ」を通じて、 200万点以上の作品を配信しています。 また、 年間100冊以上のスマホ作品の書籍化のプロデュースや、 プロ作家を育成・発掘をする「ノベリスタ小説スクール」(監修・石田衣良氏)の運営など、 スマホ小説文化の発展に積極的に取り組んでいます。

ツイート
いいね!

エブリスタ サービスサイトへ

スマホ作家の夢を応援してくれる方へ 出版化・取材に関するお問い合わせはこちら