NEWS お知らせ

2015/04/02

賞金総額2,000万円!「エブリスタ小説大賞2015-16」開催決定!

「スマホ小説大賞」を大幅リニューアル
賞金総額2,000万円! 一年間かけて実施する日本最大級の公募文学賞
「エブリスタ小説大賞2015-16」開催決定
~4/2(木)より作品募集開始~


 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役兼CEO:守安功)の子会社である、株式会社エブリスタ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:守安 功、以下エブリスタ)は、複数の大手出版社との共催により、2015年4月から2016年3月の期間、毎月一部門ずつ作品を選出する日本最大級の公募文学大賞「エブリスタ小説大賞2015-16」の募集を、2015年4月2日(木)より開始いたします。
 「エブリスタ小説大賞2015-16」は、多くのヒット作家を生み出している「スマホ小説大賞2014」の流れを汲む、スマホ時代の新しい文学賞です。昨年おこなわれた「スマホ小説大賞2014」では、応募総数全9,967作品から、合計3部門・9作品が選出され、書籍化・コミック化・舞台化・ラジオドラマ化など、さまざまな取り組みが展開されました。

 「スマホ小説大賞2014」が約2ヵ月間の募集期間でおこなわれたのに対し、今回の「エブリスタ小説大賞2015-16」は、1年間かけて作品を募集するビッグ・プロジェクトとして生まれ変わります。KADOKAWA、新潮社、宝島社などの出版社・レーベルとの共催により、ミステリー、恋愛、ホラー、ライトノベルなどのジャンルから毎月1部門ずつ、年間合計11回にわたり、次世代を担うエンターテイメント作家を幅広く募集します。各部門の受賞作品は書籍化が検討され、入賞作品には毎月総額150万円の賞金を授与。また、各部門募集終了後の2016年3月にはサイト内で人気投票がおこなわれ、1位の作品を「年間グランプリ」に選出し賞金250万円を授与します。各部門を合わせた賞金総額は最大2,000万円となります。

 第一弾として、「エンターブレイン ミステリー&ホラー賞」を開催し、キャラクターの個性が際立つミステリー&ホラー作品を4月2日(木)から5月31日(日)までの期間、募集いたします。  エブリスタでは「みんながスターになれる場所」をテーマに、今後も幅広い世代に親しまれる“新時代の作家”を発掘し、みなさまの夢の実現を応援して参ります。

 詳細は、特設ページ(http://estar.jp/event_plus/estar_grandprix/)をご覧下さい。


■「エブリスタ小説大賞2015-16」実施概要

主催: 株式会社エブリスタ
応募資格: 日本国内在住の「E★エブリスタ」会員、または「エブリスタ+」会員であれば、 プロ/アマ、年齢、性別を問いません。パソコン、スマートフォン、携帯電話より応募可能です(会員登録は無料です)。
大    賞*1:(各部門1~2作品)各出版社より書籍化検討*2、賞金
準大賞*1:(各部門1~2作品)各出版社より書籍化検討*2、賞金
入賞*1:(各部門1作品)賞金
年間グランプリ:(全対象作品の中から人気投票により1作品)賞金250万円
年間特別賞:(全対象作品の中から数作品)賞金
共催出版社: KADOKAWA、三交社、新潮社、スターツ出版、宝島社、徳間書店、双葉社 ほか
(五十音順/敬略称)
特設ページ:http://estar.jp/event_plus/estar_grandprix/
※1:厳選なる審査の結果、賞の該当なしの場合もございます。また、受賞作品数が変更される場合もございます。
※2:大賞および準大賞受賞作品については、書籍化が検討されますが、書籍化されない場合もございます。


■株式会社エブリスタとは
株式会社エブリスタは、次世代のスマホ小説をプロデュースするスマホ総合出版社です。 株式会社ディー・エヌ・エーと株式会社NTTドコモの合弁会社として2010年に設立されました。月間770万人が訪問するスマホ小説サイト「E★エブリスタ」を通じて、220万点以上の作品を配信しています。また、年間100冊以上のスマホ作品の書籍化のプロデュースや、プロ作家を育成・発掘をする「ノベリスタ小説スクール」(監修・石田衣良氏)の運営など、スマホ小説文化の発展に積極的に取り組んでいます。 (http://everystar.jp/

ツイート
いいね!

エブリスタ サービスサイトへ

スマホ作家の夢を応援してくれる方へ 出版化・取材に関するお問い合わせはこちら